スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿児島県初、恐竜の化石。

鹿児島県で初となる恐竜の化石発見が発見されました。
7000万年前(白亜紀後期の)地層から、獣脚類の歯と肋骨にあたる部分が見つかったとのこと。

鹿児島県は鹿児島県でも、本土ではなく甑島列島(こしきじまれっとう)の下甑島(しもこしきじま)であり、こちらでは過去に翼竜やワニの化石は見つかっています。



(産経ニュース)鹿児島県初、下甑島で肉食恐竜の化石
スポンサーサイト

「丹波竜」の地層からティラノサウルス科の歯

大型草食恐竜「丹波竜」の化石が発見された丹波市にある白亜紀前期の地層「篠山層群下部層」(約1億4000万~1億3600万年前)にて、ティラノサウルス科の歯の化石が発見されました。

今回見つかった化石は、長さ約1・8センチ、幅約0・6センチの前歯で、断面は「D」型とのこと。
ティラノサウルス科の歯は、断面図が弾丸の形をしていると例えられることが多いので、そのことでしょう。

ティラノサウルス科はティラノサウルスのイメージが強いせいもあり、大型の恐竜ばかりと思われていますが、そうではありません。
ティラノサウルス科は、1億2500万年前までは小型であり、8400万年前にはダスプレトサウルスといった約10メートル近いの大型なものも出現しました。
この約4000万年の間はほとんど化石が見つからず、大型化の経緯がはっきり分かっていなかったのこと。

今までは、“白亜紀に入ってから大型化が進んでいた”と考えられていましたが、今回の発見で、そうとも言い切れなくなったことになります。
また、中国や日本などのアジア地域と、アメリカなどでは大型化の時期も変わってきているのかもしれません。

今後の研究でどうなるか、気になるところですね。



(神戸新聞)「丹波竜」化石の地層からティラノサウルス類の歯 



theme : 恐竜
genre : 学問・文化・芸術

恐竜と鳥の指

鳥類の指は3本。
これは人間に例えると、人差し指・中指・薬指の3本で、残り2本は退化。

恐竜だと、例えばドロマエオサウルス科ディノニクスの前肢は指3本。
これも人間に例えると、親指・人差し指・中指の3本で、残り2本は退化。

そして、鳥類は恐竜から進化したものだと考えられていました。
ここに大きな矛盾が生じていたわけです。


この問題に対して、1つの新しい発見がありました。
最近、中国で発見された1億5900万年前の獣脚類の恐竜リムサウルス・イネクストリカビリス(Limusaurus inextricabilis)。
獣脚類ではありますが、草食の全長は1.7メートルぐらいの小型恐竜であり、歯はなくクチバシがありました。

注目すべきところは、前脚は比較的短く、ツメがないところ。
また、手には4本の指があり、恐竜と鳥類の両方の手の特徴を合わせ持っています。
恐竜の特徴である第1指はぎりぎりまで退化しているが、その代わり第2指は発達して大きくなっている。
「鳥が持たない第1指が退化しているので、鳥への進化の移行期と考えて良いだろう」と、研究者談。
また、国立科学博物館の真鍋真・研究主幹は「獣脚類の3本指が、第2から第4の3本だったことを示す初めての化石だ。恐竜が鳥に進化したことを示す物的証拠になる」と話しています。



(ナショジオ)新しい恐竜化石が示す鳥類の祖先

theme : 恐竜
genre : 学問・文化・芸術

カマラサウルス化石2億6千万円にて落札

福井県は6月15日、アメリカで発掘された大型草食恐竜カマラサウルスの全身骨格化石を約2億6000万円で購入すると発表しました。
福井県立恐竜博物館が来年7月に開館10周年を迎えるのに合わせ、展示の目玉として購入を決め、化石の購入額としては国内最高級とのとこと。

カマラサウルスはジュラ紀後期にアメリカ大陸などで生息した、竜脚類カマラサウルス科の恐竜。
全長9~18mとされており、今回購入された化石は全長15メートルと推定されています。


さて、では なぜカマラサウルスが目玉となりうるか?
それは昨年、日本でもヒットした恐竜玩具「PLEO」 の影響も大きいと思います。

「5万円もするのに、こんなの誰が買うんだ?」
なんて思う方もいるかもしれませんが、商品戦略の上手さもあり、製造か出荷のラインで追いつかなくなることがあったくらいらしいです。
恐竜に興味の薄い方も、購入されているのが大きいところかなと。

PLEOにより、カマラサウルスの知名度はグンっと上がったでしょう。
これは日本に限ったことではなく、先進国ならアメリカを筆頭に他国にも当てはまることはあります。


こちらは余談ですが、来月「ウルトラ恐竜スパイク」という玩具も発売されます。
これは、なかなか大きいですね・・・・


(読売新聞)恐竜化石2億6千万円、福井県が国内最高クラスで購入

【TV】動物検定:恐竜

今週来週の平日にかけ、アニマルプラネットにて「動物検定:恐竜」 と題し、2週間により恐竜の番組が放送スペシャル。

内容は「ダイナソー 恐竜の時代」 と 「恐竜の世界」の2シリーズをメインに構成し、
放送スケジュールは以下の通りになっております。

放送日: 8日(月)~12(金)、15日(月)~19(金) 午後11:00~深夜00:30/午後5:00~6:30
再放送: 13日(土)・20日(土) 午前8:00~午後3:30  14日(日)・21日(日) 深夜0:00~早朝7:30

90分×10日なので、合計すると中々の量になります。
2クール(6ヶ月)アニメを全話見るのよりも、長期戦になりますね。

時間帯も2枠+週末再放送が用意されているので、わりとチェックしやすくなっており、私みたいな人間には嬉しい限りです。

theme : 恐竜
genre : 学問・文化・芸術

実物大ディプロドクス模型

長野県信州新町の化石博物館に、ジュラ紀の竜脚類であるディプロドクスの模型がやってきました。
長32メートル、高さ5.5メートル、首の長さ8メートル、重さ約3トンという巨大なサイズです。

(毎日.jp)草食恐竜の実物大模型 長野に5年ぶり「帰還」

本物(?)のディプロドクスは、体長20m~35mと幅の大きい数字となっていますが、25~30くらいのサイズと書かれている本が多い気がします。
私が小さい頃に読んだ恐竜の本では「最大の恐竜」とも書かれていたことがあるほどの恐竜です。
今では、アルゼンチノサウルスが最大の恐竜と言われていますね。
背の高さだとサウロポセイドンかな。

では、今回のディプロドクスの模型は、他のディプロドクスと比べても最大級の大きさになります。
なぜなら、最初は「セイスモサウルス」として作られたから、というのが答えになるでしょう。

セイスモサウルスは推定全長33m、体重40t前後のという、アルンゼンチノサウルスやスーパーサウルスと比べても引けを取らない、ビッグサイズです。
しかし、2004年にディプロドクスと同族であるという説が発表され、この模型も、セイスモサウルスからディプロドクスの模型となったということになります。

そう考えると、とても忠実に作られている模型ですよね。
ちなみに私は、竜脚類の化石標本のイラストと共に、「Seismosaurus」という文字が書かれたTシャツを未だに着ております。



(wiki)ディプロドクス
(wiki)セイスモサウルス

theme : 恐竜
genre : 学問・文化・芸術

恐竜の本・DVD
RSSリンクの表示
リンク
カウンター
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。