スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐竜検定3級の感想

恐竜検定3級、予想以上の難易度でした。

「夏休みの小学生いっぱい受験しにくるし、どうせ簡単だろう」

なんて思っていた私は浅はか。
子供の7~8割を問答無用でバッサリ切り落とすような問題でした。
“名前をいっぱい知っている”というだけでは、中盤以降の問題は辛いかと。
歴史的背景から、最近の話題などもありましたし。
一応、公式ガイドブックからは、改変もふくめて4割程度は出題されていたような。

70点以上で合格となっているけれど、正直、私も危うい気がします。
そしてハードルが高かったと考えている私だけではないことは、
受験後の大人達の表情でも良く分かる。
どこかから、「わっかんねぇ……」 という呟きが聞こえてきたような聞こえないような。

ですが、今回の難易度は“3級”の線引きとしては丁度良いかとも考えています。
ここを基準に、2級と4級の配分はやりやすそうですから。

次回は2010年春とのことなので、今回が受かっていたら次回は2級を受験してみようかな。
スポンサーサイト

8月も終わりに近づいて

8月も終わりに近付いたきましたね・・・・・・
学生さんの夏休みも終わりごろですね・・・・・・

私は、8月、モンスターハンター3ばかりしておりました。
ブログの更新をおこたるどころか、「いったいいつ寝てるの?」と言われても不思議でないくらいのプレイ時間。
夏休みの高校生に負けないくらいゲームをしている大人です。

溺れるほどプレイして、満腹中枢が満たされましたので。
・・・・・・明日からは、またいつものブログに戻ります。
自分の責任とはいえ、せっかくの夏休み期間、あまり更新できなくて残念。

モンスターハンター3購入

モンスターハンター3を購入しました。
恐竜2009 - 砂漠の奇跡のお土産コーナーにも、特別展示してあるゲームです。

正直、このためにWii本体を購入するのは、抵抗がありましたね。
他にプレイする予定のゲームはないけれど――、いずれワンピースのも買ってみようかな。


さて、新モンスターの海竜ラギアクルス。
そして恐竜でウネンラギアという名前のドロマエオサウルス科がいましたね。
「半分は鳥」「不完全な鳥」 という意味です・・・・
ラギアクルスの場合は、不完全なナニになるんでしょうね。
クルス・・・・・・十字架??
せめてスペルでも分かればいいのですが。

・(リオ)レウス → レクス → 王
・(リオ)レイア→ レギナ→ 女王
・アカルトルム → アートルム → 黒

などと、他のモンスターも学名で使われるラテン語から引用されていることが多いですね。
ティラノサウルス・レックス の“レックス” も、リオレウスの“レウス” も、
もとは王・王者という意味の rex という言葉になります。
どちらとも、ふさわしい名前ですよね。


モンスターハンターは、明らかに恐竜をモチーフにしたモンスターが多いです。

・ティガレックス → ティラノサウルス
・ディアブロス → トリケラトプス
・アプトノス → パラサウロロフス
・アプケロス → アンキロサウルス

などなど。

今回の新モンスターのドスジャギィは、
劇場版ジュラシック・パークのディロフォサウルスっぽいですね。
それに尻尾の太さを含めた全体のバランスが、
中型のドロマエオサウルス科っぽい雰囲気が増した気がします。



という、恐竜好きのモンスターハンター日記でした。

theme : 恐竜
genre : 学問・文化・芸術

恐竜の本・DVD
RSSリンクの表示
リンク
カウンター
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。